飲む育毛剤で発毛の進行状況はこんな感じ

最近、何かと話題の飲む育毛剤!

以前は育毛シャンプーや育毛ローションなど、「塗る」「かける」等の外用薬が薄毛対策の主流でしたが、どんどん変わってきましたね。

飲む育毛剤で有名なのが医薬品のプロペシア

サプリメントではノコギリヤシや亜鉛が育毛に良いって言われてます。

全然違うように思えるこの医薬品とサプリメントですが、実は効能は同じってしってましたか?

私は知らなくて、効能を聞いた時はちょっとビックリでした。

男性型脱毛症(AGA)の原因は体内にある5αリダクターゼって酵素が活性化することにあります。

遺伝性の禿げって思ってる人も同じなんですよ!

父方、母方のどちらかに5αリダクターゼって酵素が活性化する遺伝子を持ってると薄毛にになりやすのです。

プロペシアにこの活性化を抑制する効能があるのはCMやテレビ番組で流されていました。

ノコギリヤシや亜鉛はなぜか漠然と薄毛に良いサプリと聞いていて、なんとなく飲んでましたが、実はこれらのサプリにも同じ効能があったのです。

効能が同じだから、効果の進行も同じなのかなぁ?

貴方の周りいいませんか?
これらの飲む育毛剤(サプリや医薬品)の服用をはじめて、返ってハゲが進行したからあわてて飲むのを止めたって人!

私の知人では何人もいましたよ。

私も飲む育毛剤の服用経験者ですが、最初はちょっとビックリでした。

抜け毛が以前よりひどくなって、どんどん薄くなっていく気がするのです。

でも、ココで飲む育毛剤の服用を止めてはダメ!

そのまま飲み続けて3月経つ頃には、かなり発毛効果が現れ、6月後には随分ふさふさになりました。

最初の脱毛は髪の毛の成長の進行が活性化され、古い髪が抜け落ちていたようでした。

よく言われてますが、やっぱり飲む育毛剤は最低3ヶ月は続けないと、効果の有無がわからないようですね。

ハゲが進行したように思いやめた人!
かなり損したのかもしれませんね。

飲む育毛剤のランキングで男性用ならコレ!